珍しい殻付きランゲ産ヘーゼルナッツ

f:id:cacciatori:20181207183404j:plain

布巾の中で、軽く叩いて殻を割って、中身を取り出します。

強く叩くと中まで粉々になるから、加減が難しいです。

殻付きだから、中のナッツは最高品質。

アルバレットのフィリッポからの届け物です。

やっとザバイオーネにヘーゼルナッツのトルタの季節になりましたので、これで、作ったら美味しいだろうなぁ!

白トリュフ入荷します。

今回は、特別なルートから届きます。
辿れば、誰が何処で何時採ったのかまでわかります。

幾つかの粒が合計100グラム位の予定です。
パスタやリゾット一皿からでも
トリュフ尽くしのコースも、ご用意可能ですので
是非、ご予約お待ちしております。

アルバ産白トリュフ、明日入荷します。

今シーズン、初入荷です。

アルバ在住、富松さん、セレクトのトリュフです。
トリュフハンターから、空港へ日本に最短ルートで
届きます。

誰が何処で、何時獲れた品なのか、証明できる貴重なトリュフです。

富松さんの努力に感謝です。

数に限りがございますが、ご予約お待ちしております。

アルバ産白トリュフ、明日入荷します。

今シーズン、初入荷です。

アルバ在住、富松さん、セレクトのトリュフです。
トリュフハンターから、空港へ日本に最短ルートで
届きます。

誰が何処で、何時獲れた品なのか、証明できる貴重なトリュフです。

富松さんの努力に感謝です。

数に限りがございますが、ご予約お待ちしております。

丹波栗、届きました。

f:id:cacciatori:20180921212405j:plain
丹波栗届きました。
毎年、箱で貰って、沢山料理に使える様に準備します。
ピエモンテ料理と栗は、秋には欠くことの出来ない、食材の一つです。
デザートは、勿論、前菜からデザート至るところに様々な料理があります。

昨年度は、縁あって栗尽くしのコースを、リクエストでご用意しました。

栗のミネストローネから始まって、栗のパスタ、栗のラヴィオリモンテビアンコ、改めて、ピエモンテ料理における、栗料理の多彩な事に、改めて気付かされました。

本年は、昨年度の経験を踏まえ、更に踏み込んだ、栗料理をご紹介できたらなぁと、秋の初めに、気合いが入ります。

ワインリストから栗続きで
f:id:cacciatori:20180913213529j:plain

こちらは、栗の木の樽で熟成された、
99年バルベーラTrichero vigna della Noce in botte di castagniです。

スロヴェニア産のオーク樽が主流のピエモンテにおいて、ピエモンテ産栗の木の樽は大変貴重で、ある意味、正真正銘、熟成樽まで、メードインピエモンテワインです。
こちらは、栗の樽が一つしかないので、七年ごとにしか生産することができません。

樫より硬い栗は、よりジックリ、熟成が進み、より、味わいに深みが増します。

私にとって、イタリア修行時代に初めて出会った、バルベーラの古酒は、こちらの、Tricheroのバルベーラで、生涯忘れ得ない、出会ったワインの一つです。

ピエモンテの老舗、 モンフェラート地方コスティリオーネ ダスティのダ・グイドの本の中の一枚の写真には、数々のフランス、イタリアの名醸ワイン
に並んで、Trincheroのボトルが並んでいます。
それを見るたびモンフェラートの方にとって、
大切にされている、ワイン生産者なのだと、実感します。