読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sorpresa !!!!!







sig Elio Altare e la sua famiglia.
sig.ra Veglio.
sig Emilio e sig.ra Ayumi.

Grazie a sig.na Asai




びっくりのソルプレーザで偉大なるバローロの造り手、
エリオ・アルターレ氏が来てくださいました。
先日試飲会で彼のバローロを味見したばかりだったので嬉しさもひとしおです。
バリック(新樽)を使う造り手のなかで、彼ほどその性質を上手に操る人を他に知りません。
ブルゴーニュのワインを愛する彼のバローロは、とても繊細でエレガント。
ご本人は、とても気さくな方です。
ひとつのことを、諦めたり飽きたりせずに、長い間続けてゆくことはとても大切なことだ、とおっしゃっていました。
ブルゴーニュへ行った後、ピエモンテの伝統的な醸造法ではなく、新しい道を切り開こうと決めてから、
ブドウ畑、ワイナリーの機材、いろんなものを購入し、山のように借金をして、
30年経った今、ようやく生活らしい生活ができるようになった、と。
君たちはまだまだ全然若いんだから、心配しなくても大丈夫、
とりあえず水面から顔だけ出せて、息さえできてたらいいんだから、と。

時々興奮して、vaffancu**!!! ...ma scusatemi... なんて言ったりして、
ますます魅力的な方でした。笑


そしてもうひとつびっくりだったのは、シニョール・モンフォルテ、もとい、
今はシニョール・バルバレスコのエミリオ氏が来てくれたこと。
彼の昔のお店、ラ・サリータでどれだけ楽しい夜を過ごしたことでしょう…。笑
入り口のすぐ右側にあるカウンターで、近所のワインの造り手たち、エミリオの友達がたくさん集まり
夜中までスプマンテを飲む。
そして最後は情熱的なダンスを。笑

今はバルバレスコの中心でarsivoliというお店のオーナーをされています。
お出かけの際はぜひ!


このふたりが京都で会うことになるなんて!笑

ふたりともサプライズだったので、うちで顔を合わせたときにはびっくりしてました。
浅井さんが、エリオ・アルターレに、とにかくすごーーく有名な人が京都に来ていて、と言うだけで秘密にしていたら、みんな、
何?マイケル・ジャクソン!? ジョージ・クルーニー!? オバマ大統領!?!?
なんてわくわくしていたみたいで、
来てみたらよくしってる近所のエミリオ、というわけで大爆笑でした。
il mondo e' piccolo ne,vero !?と娘さんのシルヴィアが言っていました。
本当、世界は狭い!笑


とても楽しい夜でした。

ありがとうございました。


sito ufficiale di Elio Altare:

http://www.elioaltare.com/




M