読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Assisi Celebra Giotto.





Assisi celebra Giotto


PERUGIA
Per celebrare Giotto e la diffusione dell’arte pittorica intorno al cantiere della Basilica di San Francesco, nell’ottavo centenario della fondazione dell’Ordine francescano l’amministrazione comunale di Assisi ha promosso un programma di manifestazioni che si pone in una grande prospettiva ed ha come traguardo, ha spiegato il sindaco, Claudio Ricci, la candidatura di Assisi come «capitale europea della cultura». Il progetto si avvale di un comitato scientifico composto, fra gli altri, da alcuni fra i principali studiosi di Giotto e dell’arte italiana tra Duecento e Trecento.

Un primo evento programmato per la primavera-estate di quest’anno (20 marzo-5 settembre) comprende la realizzazione del restauro dei dipinti murali di Giotto nella Cappella di S. Nicola, nella Basilica Inferiore.

I lavori, coordinati da Sergio Fusetti, saranno aperti al pubblico, che potrà salire sui ponteggi. Nella Basilica Superiore sarà allestita una mostra «virtuale» su Giotto prima del terremoto del ’97 che fece crollare le volte della Basilica. Nel palazzo Vallemani sarà, fra l’altro, allestito un percorso didattico dedicato al cantiere medioevale e alla tecnica dell’affresco.

Per la primavera-estate del 2011 è invece già in programma una mostra sul cantiere della Basilica e sulla sua importanza per l’arte occidentale. Grazie ad un ponteggio sarà possibile la visita ravvicinata delle Storie di S. Francesco di Giotto. Contestualmente, nel palazzo del Monte Frumentario, sarà realizzata un’esposizione con un’ottantina di prestiti italiani e internazionali, che offrirà l’occasione di conoscere tutto il percorso del pittore fiorentino ad Assisi.






アッシジ ジョットを称える


ペルージャ



ジョットを称えるために、サン・フランチェスコ教会の大聖堂にある絵画芸術の普及を称えるために、
設立800周年になるアッシジ市運営のフランチェスコ会は
ひとつの到達点とも言える、偉大なる遠近法に着手したことについてのイベントを計画した。
と”ヨーロッパでの芸術の首都”をアッシジのスローガンに掲げ立候補した、市長であるクラウディオ・リッチは言う。

そのプロジェクトは、科学的団体やその他の団体、
そしてジョットや200〜300年代のイタリアの芸術を研究している主要な学者たちが参加することになっている。



まず最初のイベントは、今年の春から夏にかけて計画されている。(3月20日〜9月5日)
このイベントには、大聖堂の地下にあるサン・ニコラ礼拝堂にある、ジョットの壁画の修復の実現も含まれている。


この作業は、セルジオ・フセッティによってコーディネートされ、
もうすぐ公開される予定で、人々は足場を登り、それを目にすることができるはずだ。

大聖堂の上部には、あの大聖堂の丸天井をすべて崩壊させた、97年に起こった地震の前のジョットの”仮想の”展覧会が開かれる予定である。

ヴァッレマーニ宮には、この他に、中世の作業場についてと、フレスコ画の技法の学習コースを計画している。


2011年の春から夏にかけては、大聖堂での展覧会と、西洋美術に関する重要性についての展覧会が企画されている。

そして足場の設立のおかげで、ジョットの描くサン・フランチェスコの物語を間近で見ることができるだろう。

同時に、モンテ・フルメンタリオ宮ではイタリアの作品、世界の作品、合わせて約80点の作品の展示会が開かれ、
この展示会ではアッシジフィレンツェの画家のすべての工程に触れられるいい機会になるだろう。